HOME > 政策ポリシー

政策ポリシー

1.安全・安心で住みやすいまちづくり

        ●  災害時に使用する備蓄品を、各避難所ごとに設置します。

●  路線バスの拡充をすすめ、利便性の向上を図ります。

●  通学路を中心としたヒヤリ・ハットマップを作成し、子どもの安全を守ります。

●  防災・減災のまちづくりをめざし、インフラ老朽化に対応する改修計画を推進します。

●  通学路を中心とした市内のヒヤリ・ハットマップ作成により安全の確保を図ります。

●  増え続ける空家対策の条例制定を目指します。

●  防災・減災のために「国土強靭化基本法」に基づく地域計画の策定をすすめます。

●  インフラの老朽化に対応する計画作りを推進します。

●  公共施設のLED化で光熱費の削減と環境に配慮したまちを目指します。

●  医療費適正化の取り組みを進めてまいります。

●  「域学連携」、「産学金官連携」で、地域再生・地域づくりに取り組みます

2.子育てにやさしいまちづくり

             ●  子ども・子育て支援新制度の着実な推進を行います。

●  産後ケア対策を推進します。

●  放課後対策の充実をすすめます。

●  アレルギー疾患対策をすすめます。

     ● 児童虐待対策の強化をすすめます。

3.いきいき健康のまちづくり

       ●   地域包括ケアシステムを構築し、医療・介護の充実を目指します。

       ●   認知症高齢者対策を推進していきます。

    ●   生活困窮者自立支援法の施行に伴い、「相互に支えあう」地域を構築します。

    ●   障がい者の就労支援のさらなる充実を目指します。

    ●   胃がん健診の推進で医療費の増加を抑制します。

    ●   国保医療費適正化の取り組みを進めてまいります。

       ●   ロコモティブシンドローム防止のための政策を充実し健康寿命を延ばします。

    ●   自殺防止条例を制定し、地域で支えあうまちの構築をめざします。

4.教育をはぐくむまちづくり

       ●   新教育委員会制度のもと、学校現場で発生する様々な問題に迅速かつ適切に対応する

                   危機管理体制の構築をめざします。

    ●   校舎の大規模改修やトイレの改修等、学校の環境整備をすすめます。

    ●   いじめ防止対策条例の制定で学校、地域でいじめのないまちづくりをめざします。

    ●   学校施設の緑化(緑のカーテン等)を進め、環境教育の充実をめざします。

    ●  不登校やひきこもりで学校にいけない子供たちが安心して学べる環境をつくります。

5.健全財政で明るい未来のまちづくり

    ●   行政の守備範囲を明確にし、新しい行政サービスに対応できる市役所をめざします。

    ●   公会計制度の導入で財政の見える化を実現します。

    ●   民間活力の導入を推進し、経費の最小化とサービスの最大化をめざします。

    ●   プライマリーバランスを堅持し、健全な財政を実現します。

    ●   財政健全化のための数値目標や職員定数の適正管理等、目標を明確にした計画を

                  明らかにします。

沢田たかやす:政策ポリシー